訪問診療

  • TOP
  • 訪問診療

訪問診療

訪問診療とは

訪問診療とは

医師の診療を受けなければいけないけれど、通院することが難しい、家族が付きそうことが難しいという方はたくさんいらっしゃいます。そのような方のご自宅にお伺いし、診察や治療を行うのが訪問診療です。

患者さんごとに症状や環境、事情をお聞きした上で訪問の予定を組みます。
また、急変時には臨時往診に伺うことも可能ですし、入院の手配なども臨機応変に対応しますので、在宅療養を希望される方には心強い制度です。

往診と訪問診療の違い

「訪問診療」という言葉はイメージしやすいように「往診」と言い換えられることが多いようですが、少し定義が異なります。

「訪問診療」とは
訪問診療とは、病気や障害があっても、住み慣れた家で過ごしたいという方が、ご自宅に居ながら医療を受けることが出来る仕組みです。
医師がご自宅を定期的に訪問し、診療、治療、薬の処方、療養上の相談、指導等をさせていただきます。

「往診」とは
往診とは、突発的な病状の変化に対して緊急的に家に伺って診療を行います。
定期的に訪問診療を行っている方の病状が不安定になったときには緊急訪問を行います。

病状がある程度は安定していて医療処置がほとんど必要なくても、通院できないことから入院を余儀なくされている方が、自宅で療養したいと希望された場合に訪問診療を御検討ください。
また、病状が不安定な場合や、癌の終末期などでも「自宅で過ごしたい」という希望のある方に、住み慣れた家での治療を提供することも可能です。
定期の訪問診療を中心として、患者さんに安心して自宅での療養を行っていただくことが当院の基本方針です。

対応時間

「訪問診療」という言葉はイメージしやすいように「往診」と言い換えられることが多いようですが、少し定義が異なります。

定期的な訪問診療は、火曜・金曜日の午後とさせていただいています。
それ以外の時間帯は医師・看護師が転送電話を持ち、連絡が取れるようにして対応しています。
必要時には、臨時往診に伺います。

訪問対象地域

訪問対象地域は、越前町織田を中心とした近郊となります。
対象地域かどうかわからない場合はお気軽にお電話にてお問い合わせください。